コピープロテクト 情報漏洩対策ソフト コピーガード 情報漏えい対策ソフト USBドングル 不正コピー 違法コピー 情報漏えい セキュリティ サンカーラ

コピープロテクト 情報漏洩対策ソフト コピーガード 情報漏えい対策ソフト USBドングル 不正コピー 違法コピー 情報漏えい セキュリティ サンカーラ

ホーム > コードメータTOP > Adobe PDFプロテクト

 

Adobe PDFプロテクト SmartShelterPDF

Acrobat PDFファイル専用のコピープロテクト機能です。コードメータのSmartShelterPDF暗号化ツールで暗号化されたPDFファイルは正規のコードメータキーがないと開きません。また、閲覧期限の設定や閲覧回数、印刷回数の設定など、きめの細かい設定が可能です。さらに、画面キャプチャーやコピー&ペーストの禁止、別名保存(平文保存)の禁止など、より高度なセキュリティを実現しています。

PDFコンテンツの販売、ユーザーや取引先間への技術情報や経営情報などのデータ配布、社内の情報漏えい対策に非常に効果的です。

スマートシェルタPDF コードメータ

このSmartShelterPDF機能は、コードメータ開発キットの中に標準搭載されています。

 

Acrobat PDFファイルを強力に暗号化

専用のSmartShelterPDF暗号化ツールを使って、PDFファイルを強力に暗号化します。暗号化されたファイルは拡張子も.pdfのままで、ファイル名は変わりません。

Acrobat PDFファイルを強力に暗号化

暗号化アルゴリズム = AES128ビット

暗号化されたPDFファイルは、正しいCM-Stickが無いと開きません。
従い、ファイル自体が不正流出しても情報漏えいすることがありません。

正しいCM-Stickがあれば開き、無ければ開かない


専用ビューアーを必要としない

暗号化されたPDFファイルは、AcrobatまたはAcrobat Reader上で開くため、 Acrobatのメニューコマンドがそのまま使用できます。専用ビューアーを必要としません。

 

画面キャプチャー禁止およびコピー&ペースト禁止

プリントスクリーン禁止機能により、開いているファイルを画面キャプチャーしたり、一部をコピー&ペーストしたりすることができません。また、ファイル名を変えて保存したり、別フォルダや別ディスクにコピーしても、暗号化された状態でコピーされるため、常にセキュリティが保たれます。

画面キャプチャー禁止およびコピー&ペースト禁止

 

ランタイムチェック機能

ランタイムチェック機能により、CmStickをPCから取り外すと、自動的にファイルが閉じます。
この機能を使うことで、1つのCmStickで複数のPC上での同時使用を禁止することが可能になります。確実にPCとCmStickの1対1のセキュリティを実現することができます。

ランタイムチェック機能

 

簡単な暗号化作業

暗号化作業はAcrobat上からメニュー操作で簡単に行なえます。貴社のファームコード(FirmCode)、プロダクトコード(Product Code)、フィーチャーマップ(FeatureMap)を指定し、必要に応じてオプション設定をするだけです。

簡単な暗号化作業

 

アドバンスト デバッガーチェック機能

オプション項目のアドバンスト デバッガーチェック機能を使用することで、デバッガーからの解析を強力にシャットアウトします。

アドバンスト デバッガーチェック機能


バッチ処理による一括暗号化も可能

Acrobatのバッチ処理から、複数のPDFファイルを一括して暗号化することもできます。大量のPDFファイルを一度に暗号化可能です。

バッチ処理による一括暗号化も可能

* バッチ処理を行うには、Acrobatプロフェッショナル版が必要になります。Acrobatスタンダード版ではバッチ処理機能がないため、この作業ができません。

 

SmartShelterPDFの応用例

コンテンツの販売やユーザーへの配布に利用

 

インターネットを使ってのダウンロード配布

インターネットを使ってのダウンロード配布

 

本支店間または取引先間でのセキュリティに利用

 

社内の情報漏えい対策に利用

社内の情報漏えい対策に利用

 

動作環境

SmartShelterPDF応OS:
Windows Vista/7/8/8.1/10(32bit/64bit),
Windows Server 2003/2008(R2)/2012(R2)/2016 (32bit/64bit)
Mac OS X 10.9, 10.10, 10.11, 10.12

対応Adobe Acrobat/Adobe Readerバージョン:
[Windows OS]
Adobe Acrobat/Adobe Reader 9/X/XI/DC
[Mac OS]
Adobe Acrobat/Adobe Reader 9/X/XI/DC

*PDFファイルを暗号化する場合はWindows の Adobe Acrobat 9/X/XI/DC (32bit/64bit)上で行なう必要があります。(Adobe Reader上では暗号化処理はできません。)

*暗号化されたファイルは、Windows/Mac上のAdobe Acrobat/Adobe Reader(32bit/64bit)それぞれで開きます。

 

(C) Copyright Suncarla Corporation All Rights Reserved